石油 | 2017年03月18日 06:56 JST

〔NY石油〕WTI、ほぼ横ばい(17日)

 【ニューヨーク時事】週末17日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、朝方の上げ幅を縮小し、ほぼ横ばいとなった。米国産標準油種WTIの中心限月4月物の清算値は前日比0.03ドル(0.06%)高の1バレル=48.78ドル。5月物は0.07ドル高の49.31ドルとなった。  外国為替市場でドル安・ユーロ高基調が継続していることを受け、ドル建てで取引される原油は早朝から買われ、午前中ごろまでは堅調に推移していたが、その後ドルが対ユーロで強含んだことから、原油相場はほぼ値を消す展開となった。  また、米原油在庫が依然記録的な水準にある上、石油サービス会社ベーカー・ヒューズがこの日午後に発表した同日までの1週間の国内石油掘削リグ稼働数が前週比14基増になったとの報などを受け、米国内での生産拡大が石油輸出国機構(OPEC)主導の協調減産効果を相殺するのではないかとの懸念が根強いことも、相場の上値を抑えたもようだ。  サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は前日、ブルームバーグ通信とのインタビューで、原油在庫水準が平均を上回る状況が続く場合、OPECによる協調減産を延長する可能性があるとの見解を示していたが、市場の反応は限定的だった。  ▽ガソリン=続伸。中心限月4月物の清算値は0.47セント高の1ガロン=159.89セント。  ▽ヒーティングオイル=反発。4月物の清算値は0.42セント高の1ガロン=150.85セントとなった。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 43.38 +0.35
NYMEX金先物 6月限 1246.3 +0
NYMEXプラチナ先物 7月限 916.6 +5
NYMEXガソリン 6月限 1.4387 +0.0137
WTI ・・・ 43.21 +0
シカゴコーン ・・・ 359 +1.25
シカゴ大豆 ・・・ 906.75 +7.75
シカゴコーヒー ・・・ 122.5 +0.55
CRB商品指数 ポイント 168.5694 +0