石油 | 2017年04月08日 07:02 JST

〔NY石油〕WTI4日続伸、52ドル台=1カ月ぶり高値(7日)

 【ニューヨーク時事】週末7日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、米軍によるシリア攻撃をきっかけとした地政学的リスクの高まりを受け、4日続伸した。米国産標準油種WTI5月物の清算値は前日比0.54ドル(1.04%)高の1バレル=52.24ドルと、中心限月ベースで3月7日(53.14ドル)以来1カ月ぶりの高値を付けた。週間では3.24%上昇した。6月物の清算値は0.51ドル高の52.64ドル。  米軍が前日夜、シリアのアサド政権を標的に初の軍事攻撃に踏み切ったとの報を受け、市場では中東地域の石油供給に混乱が生じることへの懸念が拡大して買いが殺到、相場は一時52.94ドルの高値を付けた。  ただ、シリアの産油能力が大きくないほか、米軍による攻撃が今後も続くのかどうかを含めて国際情勢の行方を見極めたいとの思惑が徐々に広がり、朝方にかけては徐々に上げ幅を縮小。弱めの米雇用統計を受けて外国為替市場で一時急落したドルが持ち直したことも重なり、午前にはマイナス圏に沈む場面もあった。  午後に入り、米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが発表した国内の石油掘削リグ稼働数は前週比10基増の計672基と、12週連続で増加。しかし、週末を前に投資家の地政学的リスクに対する警戒姿勢は緩まず、その後も52ドル台前半で強含みに推移した。  ▽ガソリン=続伸。中心限月5月物の清算値は1.66セント高の1ガロン=174.62セント。  ▽ヒーティングオイル=4日続伸。5月物の清算値は1.55セント高の1ガロン=162.84セント。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 49.04 +0.7
NYMEX金先物 8月限 1260 +6.3
NYMEXプラチナ先物 10月限 926.4 +9.4
NYMEXガソリン 7月限 1.6446 +0.0253
WTI ・・・ 49 +0
シカゴコーン ・・・ 374.25 +1.25
シカゴ大豆 ・・・ 994.75 +4
シカゴコーヒー ・・・ 137.8 +1.85
CRB商品指数 ポイント 181.1419 +0