石油 | 2017年04月18日 16:02 JST

〔東京石油〕中東産原油、円安受け反発=製品も高い(18日)

 中東産原油は反発。終値は、中心限月の9月先ぎりが前日比360円高の3万7370円、他限月は10~350円高。17日の米欧石油相場は米国のシェールオイル増産を背景に下落したものの、円相場が軟化したことが支えになり、日中立ち会いはポジション調整の買いが先行した。その後は円が下げ渋る中、取引中のニューヨーク原油(WTI)の動意が乏しく、様子見ムードが広がり、もみ合いが続いた。  製品は、中東産原油の上昇を眺め、反発。ガソリンが140~240円高、灯油は180~280円高で取引を終えた。  中京石油は、ガソリン当ぎりが横ばい、灯油は出合いがなかった。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 49.04 +0.72
NYMEX金先物 8月限 1260 +6.9
NYMEXプラチナ先物 10月限 926.4 +9.6
NYMEXガソリン 7月限 1.6446 +0.0254
WTI ・・・ 49 +0
シカゴコーン ・・・ 374.25 +1.75
シカゴ大豆 ・・・ 994.75 +3.5
シカゴコーヒー ・・・ 137.85 +1.9
CRB商品指数 ポイント 181.1419 +0