石油 | 2017年04月18日 06:11 JST

〔NY石油〕WTI、反落(17日)

 【ニューヨーク時事】連休明け17日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、米国内のシェールオイル増産の動きを警戒した売りなどに圧迫され、反落した。米国産標準油種WTIの中心限月5月物の清算値は、前営業日比0.53ドル(1.00%)安の1バレル=52.65ドル。6月物の清算値は0.49ドル安の53.11ドルだった。イースター(復活祭)に伴い欧州市場が休場だったため、米市場の商いは通常よりも薄かった。  この日はおおむねマイナス圏で浮動。米国内でのシェールオイルの増産傾向が改めて意識されたため、相場が圧迫された。米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが13日に公表した同日までの1週間の国内石油掘削リグ稼働数は前週比11基増の683基と、13週連続で増加し、約2年ぶりの高水準に達した。加えて、前週末までに中心限月の清算値ベースによるプラスでの越週が3週連続となった反動の売りもこの日は出たもようだ。  ただ、エネルギー消費大国である中国の景気先行き懸念がやや後退したことが相場を下支え。中国国家統計局が17日発表した1~3月期の国内総生産(GDP)が実質ベースで前年同期比6.9%増と、2期連続で小幅加速。減税や公共事業などの景気対策の効果が読み取れるとの見方から、市場に広がっていた過度の不安は解消された。  ▽ガソリン=4営業日続落した。中心限月5月物の清算値は1.53セント安の1ガロン=171.96セントとなった。  ▽ヒーティングオイル=続落。5月物の清算値は1.66セント安の1ガロン=163.29セント。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.36 -0.23
NYMEX金先物 12月限 1245.2 +0
NYMEXプラチナ先物 1月限 883.7 +7.6
NYMEXガソリン 12月限 1.7166 -0.0081
WTI ・・・ 57.1 +0
シカゴコーン ・・・ 340 -0.75
シカゴ大豆 ・・・ 989.75 -3
シカゴコーヒー ・・・ 120.6 +0
CRB商品指数 ポイント 184.471 +0