石油 | 2017年04月19日 15:42 JST

〔東京石油〕中東産原油、欧米安と円高受け反落=製品も軟調(19日)

 中東産原油は反落。終値は、中心限月9月先ぎりが前日比530円安の3万6840円、ほかが270~620円安。日中立ち会いは、前日の欧米原油相場が需給緩和観測を背景に軟化したほか、円相場の引き締まりを受け、安寄りした。その後、ニューヨーク原油(WTI)相場や為替が動意を欠く中、始値付近でのもみ合いが続いた。  石油製品は原油になびき軟調。終値は、ガソリンが310~590円安、灯油が530~610円安。軽油は取引が成立しなかった。  中京石油は、ガソリンが300~800円安、灯油が500円安~変わらず。ガソリンの期中2限月と10月先ぎり、灯油の9月きりは出合いがなかった。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 48.41 -0.03
NYMEX金先物 9月限 1289 +1.1
NYMEXプラチナ先物 10月限 980.9 +1
NYMEXガソリン 8月限 1.6189 +0.0041
WTI ・・・ 48.4 +0
シカゴコーン ・・・ 342 +0
シカゴ大豆 ・・・ 935 +0
シカゴコーヒー ・・・ 126.25 +0
CRB商品指数 ポイント 176.7275 +0