石油 | 2017年04月19日 06:11 JST

〔NY石油〕WTI、続落(18日)

 【ニューヨーク時事】18日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、米国内の生産拡大懸念が圧迫材料となり、続落した。米国産標準油種WTIの中心限月5月物の清算値は前日比0.24ドル(0.46%)安の1バレル=52.41ドル。6月物は0.26ドル安の52.85ドルとなった。  米エネルギー情報局(EIA)は17日に公表した掘削生産性リポートで、5月の国内シェールオイル生産量が前月比12万3000バレル増の日量519万バレルと、2015年11月以来の高水準に達するとの見通しを示した。また、石油サービス会社ベーカー・ヒューズが13日に発表した国内の石油掘削リグ稼働数は13週連続で増加していた。これを受けて、米国内の供給過剰懸念が広がり、この日は未明から下落した。  ただ、外国為替市場ではドル安・ユーロ高が進んだことで原油に割安感が生じたほか、ロイター通信が18日に発表した拡大版調査では最新週の米原油在庫が前週比150万バレル減になる見通しであることから、一時はプラス圏に浮上する場面もあった。  ▽ガソリン=5営業日続落。中心限月5月物の清算値は0.86セント安の1ガロン=171.10セント。  ▽ヒーティングオイル=3日続落し、5月物の清算値は1.10セント安の1ガロン=162.19セントとなった。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 48.41 -0.03
NYMEX金先物 9月限 1289 +1.1
NYMEXプラチナ先物 10月限 980.9 +1
NYMEXガソリン 8月限 1.6189 +0.0041
WTI ・・・ 48.4 +0
シカゴコーン ・・・ 342 +0
シカゴ大豆 ・・・ 935 +0
シカゴコーヒー ・・・ 126.25 +0
CRB商品指数 ポイント 176.7275 +0