石油 | 2017年05月17日 06:10 JST

〔NY石油〕WTI、5日ぶり反落(16日)

 【ニューヨーク時事】16日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、利益確定の売りなどに圧迫され、5営業日ぶりに反落した。米国産標準油種WTI6月物の清算値は前日比0.19ドル(0.39%)安の1バレル=48.66ドル。7月物は0.16ドル安の49.00ドルとなった。  石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟国が25日にウィーンで開く会合では、協調減産の9カ月間延長で合意されるとの期待が広がる中、原油相場は朝方までは堅調に推移していた。サウジアラビアとロシアは前日、OPEC加盟・非加盟国による協調減産について、9カ月間延長する必要性で意見が一致。クウェートのマールゾウク石油相もこの日、サウジとロシアによる延長提案を支持すると表明した。また、朝方まではドルが対ユーロで約半年ぶりの安値を付けたことに伴う割安感も相場を押し上げる要因となっていた。  しかしその後は、前日まで4営業日連続で上昇していた反動から利益確定の売りが活発になり、午前中ごろにはマイナス圏に沈んだ。また、米石油協会(API)と米エネルギー情報局(EIA)による在庫週報の発表をこの日夕方と翌日午前に控えて様子見姿勢も強まり、昼ごろからはおおむね小動きとなった。ロイター通信の暫定版調査によると、最新週の原油在庫は前週比230万バレルの取り崩しが予想されている。  ▽ガソリン=5営業日続伸した。中心限月6月物の清算値は0.89セント高の1ガロン=160.43セント。  ▽ヒーティングオイル=5営業日続伸し、6月物の清算値は0.68セント高の1ガロン=151.64ドルとなった。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 47.55 -0.24
NYMEX金先物 8月限 1273.7 -0.7
NYMEXプラチナ先物 9月限 965.7 +7.1
NYMEXガソリン 8月限 1.5795 -0.0031
WTI ・・・ 47.52 +0
シカゴコーン ・・・ 355.25 -3
シカゴ大豆 ・・・ 921.75 -0.25
シカゴコーヒー ・・・ 131.1 -0.9
CRB商品指数 ポイント 176.3051 +0