石油 | 2017年05月17日 08:04 JST

〔米欧石油市況・詳報〕ほぼ横ばい=時間外取引では米在庫増受け下落(16日)

 【ニューヨーク・ロイターES=時事】16日の米欧石油市場の原油先物相場は、石油輸出国機構(OPEC)加盟国の一部が協調減産の9カ月延長に賛同を表明した後、ほぼ横ばいとなった。ただ、米石油協会(API)の週報で、原油やディスティレート(留出油)在庫が市場予想に反して増加したことが材料視され、時間外取引で下落した。米エネルギー情報局(EIA)が東部時間17日午前10時半(1430GMT)に発表する週報に、市場の注目が集まっている。  英国産標準油種北海ブレントの清算値は、0.17ドル安の1バレル=51.65ドル。米国産標準油種WTIの清算値は、0.19ドル安の48.66ドルだった。その後の時間外取引では、北海ブレントが米東部時間午後4時43分(2043GMT)時点、0.60ドル(1.1%)安の51.22ドル、WTIが0.58ドル安の48.26ドルで取引されている。  OPEC加盟国のクウェートとイラク、ベネズエラは、今年上半期に実施している協調減産を、2018年3月まで延長することに支持を表明した。減産延長の可否は、25日にウィーンで開かれるOPECと非加盟国の会合で決まる。  ただ、在庫減少ペースが緩慢なことから、市場は減産延長に懐疑的になりつつある。米ニューヨークのADMインベスター・サービシズでエネルギー担当デスクを務めるノーマン・バラカット氏は、減産延長の提案には慎重な対応が必要だと指摘。「原油価格が50ドル台半ば以上の場合、米国の生産に拍車が掛かる」との見通しを示した。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.04 +0.19
NYMEX金先物 12月限 1253.8 -0.6
NYMEXプラチナ先物 1月限 881.2 +6.4
NYMEXガソリン 12月限 1.6707 -0.0037
WTI ・・・ 56.95 +0
シカゴコーン ・・・ 348.5 -1.5
シカゴ大豆 ・・・ 967.75 -1.5
シカゴコーヒー ・・・ 119.15 +0
CRB商品指数 ポイント 184.2184 +0