石油 | 2017年05月18日 06:18 JST

〔NY石油〕WTI、反発(17日)

 【ニューヨーク時事】17日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、対ユーロでのドル安進行や米原油在庫の減少などを好感した買いが入り、反発した。米国産標準油種WTIの中心限月6月物の清算値は前日比0.41ドル(0.84%)高の1バレル=49.07ドル。7月物は0.41ドル高の49.41ドルとなった。  トランプ米大統領の政権運営能力に懐疑的な見方が広がる中、外国為替市場ではこの日も対ユーロでドル安の流れが継続。このため、ドル建てで取引される原油などの商品に割安感が生じ、原油が買われた。  また、米エネルギー情報局(EIA)が午前に発表した在庫統計では、最新週の原油在庫が前週比180万バレル減となった。減少幅は市場予想(ロイター通信拡大版調査)の240万バレル減よりも小さかったが、6週間連続で在庫が減少したことから、原油は上げ幅を拡大する場面もあった。 ▽ガソリン=反落。中心限月の6月物の清算値は0.16セント安の1ガロン=160.27セント。 ▽ヒーティングオイル=6営業日続伸。6月物の清算値は1.71セント高の1ガロン=153.35セント。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.36 -0.2
NYMEX金先物 1月限 1246.5 +2.2
NYMEXプラチナ先物 1月限 883.7 +6.4
NYMEXガソリン 12月限 1.7166 -0.0082
WTI ・・・ 57.1 +0
シカゴコーン ・・・ 340 +0
シカゴ大豆 ・・・ 989.75 +0
シカゴコーヒー ・・・ 120.6 +0
CRB商品指数 ポイント 184.471 +0