石油 | 2017年07月13日 11:12 JST

〔東京石油〕中東産原油、円の引き締まりで弱含む=製品もマイナス圏(13日午前)

 中東産(ドバイ)原油は弱含み。午前11時現在は、12月先ぎりが前日比510円安の3万3720円、他は260~520円安。ニューヨーク原油(WTI)相場が前日の東京商品市場の終了時点よりも低い水準となっていたことから、日中立ち会いは反落して始まった。その後も円相場の引き締まりを眺めて、売りが継続している。  石油製品(バージ)も原油安を受けてマイナス圏で推移している。ガソリンが210~350円安、灯油は210~360円安。  軽油と中京石油(ローリー)、石油製品の現金決済(スワップ)取引は出合いがない。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 50.55 +0.11
NYMEX金先物 9月限 1290.6 +5.1
NYMEXプラチナ先物 9月限 939.4 -7.6
NYMEXガソリン 9月限 1.6438 +0.0246
WTI ・・・ 50.28 +0
シカゴコーン ・・・ 350.25 +3.25
シカゴ大豆 ・・・ 970.75 +14.5
シカゴコーヒー ・・・ 134.45 -0.55
CRB商品指数 ポイント 183.3955 +0