石油 | 2017年07月13日 07:36 JST

〔米欧石油市況・詳報〕続伸=米原油在庫減少もガソリン需要伸びず(12日)

 【ニューヨーク・ロイターES=時事】12日の米欧石油市場の原油先物相場は続伸。北海ブレント原油の中心限月の清算値は、前日比0.22ドル(0.5%)高の1バレル=47.74ドル。米国産標準油種WTIは0.45ドル(1%)高の45.49ドル。  WTIの大幅上伸に伴い、北海ブレントのWTIに対するプレミアムは、今月最低の2.08ドルまで縮小した。  米エネルギー情報局(EIA)が発表した7日までの1週間の米原油在庫が、前週比760万バレル減と、10カ月ぶりの大幅な減少となり、減少幅が市場予想の290万バレル(ロイター調べ)を大幅に上回ったことが好感された。  ガソリン在庫も160万バレル減と、市場予想の110万バレル増に反して減少した。ただ、インターファクス・エナジー(ロンドン)のグローバル・ガス・アナリティクスの上級エネルギーアナリスト、アブヒシェク・クマール氏は「米国のガソリン需要は伸び悩みが続いており、在庫は5年平均を上回ったままだ。こうした状況が、原油やガソリンの相場上昇を抑制している」と語った。  トレーダーは、石油輸出国機構(OPEC)が来年の供給過剰を示唆している点も相場の重しになったと指摘した。  USバンク・ウェルス・マネジメント(米ユタ州パークシティー)の地域投資マネジャー、マーク・ワトキンズ氏は「供給が世界的に膨らむ一方、需要の伸びが加速せず、在庫が小幅に減少する程度という状況は変わっていない」と述べ、「需給の再均衡は遅々として進んでいない」との認識を示した。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 49.04 +0.03
NYMEX金先物 8月限 1260 +5.2
NYMEXプラチナ先物 10月限 926.4 +6.8
NYMEXガソリン 7月限 1.6446 +0.0059
WTI ・・・ 49 +0
シカゴコーン ・・・ 374.25 +0.25
シカゴ大豆 ・・・ 994.75 -1.5
シカゴコーヒー ・・・ 137.55 +1.6
CRB商品指数 ポイント 181.1419 +0