石油 | 2017年07月15日 07:29 JST

〔米欧石油市況・詳報〕5日続伸=週間では5%上げる(14日)

【ニューヨーク・ロイターES=時事】14日の米欧石油市場の原油先物相場は5営業日続伸した。米国の生産ペース減速と、中国の需要増の兆しが好感され、1%上伸した。ただ、世界的な供給がしっかりしており、値動きの激しい取引となった。  北海ブレント原油の中心限月の清算値は、前日比0.49ドル(1.01%)高の1バレル=48.91ドル。米国産標準油種WTIは0.46ドル(1%)高の46.54ドル。  週間でWTIは5.2%超高、北海ブレントは4.7%超高。  米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが発表した1週間の国内石油掘削リグ稼働数は2週連続増加したものの、増加ペースは今年最低となった。米ノースダコタ州の5月の原油生産は日量1万バレル減少した。  税関当局によれば、今年前半の中国の原油輸入は前年同期比13.8%増加した。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 63.95 -0.58
NYMEX金先物 1月限 1326 +7
NYMEXプラチナ先物 1月限 1005 +11.2
NYMEXガソリン 1月限 1.8835 -0.0199
WTI ・・・ 63.33 +0
シカゴコーン ・・・ 351.5 +1
シカゴ大豆 ・・・ 973 +2
シカゴコーヒー ・・・ 121.35 +0.25
CRB商品指数 ポイント 196.3443 +0