石油 | 2017年12月04日 11:12 JST

〔東京石油〕中東産原油、WTI軟化と円上昇で伸び悩む=製品も上値重い(4日午前)

 中東産(ドバイ)原油は高寄り後に伸び悩む。午前11時現在は、2018年5月先ぎりが前週末比360円高の4万1960円、他は320~490円高。前週末の米欧相場が、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国の協調減産延長を受けて上昇したことや、円相場の軟化を支えに、日中立ち会いは続伸して始まった。しかし取引開始後は円相場が上昇、WTIも弱含みで推移したことから、値を削っている。  石油製品(バージ)は、ガソリンが180~420円高、灯油が280~400円高。買い一巡後は中東産原油の伸び悩みを受け、上値が重い。  中京石油(ローリー)は灯油がまばらの買いに堅調。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.04 +0.26
NYMEX金先物 12月限 1253.8 +2
NYMEXプラチナ先物 1月限 881.2 +8.2
NYMEXガソリン 12月限 1.6707 -0.0159
WTI ・・・ 57.24 +0
シカゴコーン ・・・ 348.5 -1.25
シカゴ大豆 ・・・ 967.75 +0.75
シカゴコーヒー ・・・ 116.9 -2.25
CRB商品指数 ポイント 184.2184 +0