石油 | 2017年12月05日 08:00 JST

〔米欧石油市況・詳報〕利食い売りで反落=米産油量を注視(4日)

 【ニューヨーク・ロイターES=時事】週明け4日の米欧石油市場の原油先物相場は、米国での増産の兆しが意識される中、利食い売りに反落した。下げ幅は1%を超えた。ただ、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国が協調減産の延長で先週合意したことから、2年ぶりの高値付近にとどまっている。  英国産標準油種北海ブレントの中心限月の清算値は、前週末比1.28ドル(2%)安の1バレル=62.45ドル。米国産標準油種WTIは0.89ドル(1.5%)安の57.47ドルだった。  市場では、過去最高に迫る米国の原油生産を引き続き注視。米石油サービス会社ベーカー・ヒューズによると、1日までの1週間の国内掘削リグ稼働数は、前週比2基増の749基と、9月以来最多となった。  独コメルツバンクのアナリストは「掘削が一段と活発化している米国のニュースを受けて、相場の上昇が抑えられる可能性がある」と指摘した。  OPECと非加盟産油国の減産延長について、PVMオイル・アソシエーツのストラテジストは「これまでのところ市場の反応はポジティブだが、懸念されることが2点ある。その一つは、イラクが減産を順守していないことが、少なくとも公に議論されていない点だ」と語った。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 68.08 +0.83
NYMEX金先物 7月限 1225.7 -1.8
NYMEXプラチナ先物 8月限 817.4 -0.1
NYMEXガソリン 7月限 2.0261 +0.0195
WTI ・・・ 67.98 +0
シカゴコーン ・・・ 346.25 +0.5
シカゴ大豆 ・・・ 839.5 +2.5
シカゴコーヒー ・・・ 105.8 +0.1
CRB商品指数 ポイント 0 +0