石油 | 2017年12月07日 15:54 JST

〔東京石油〕中東産原油は反落、約1カ月ぶり安値=製品も安い(7日)

 中東産(ドバイ)原油は反落。終値は、中心限月の2018年5月先ぎりが前日比640円安の4万0910円、他の限月は560~640円安。6日の米欧相場が、米ガソリン在庫の増加を眺めた売りに下落したため、日中立ち会いは売りが先行した。その後は取引中の円相場の軟化に支えられ、下げ渋ったものの、先ぎりはつなぎ足で11月上旬以来約1カ月ぶりの安値で取引を終えた。  石油製品(バージ)も下落。中東産原油安を眺めて売られ、終値はガソリンが600~690円安、灯油が560~790円安だった。  中京石油(ローリー)は、おおむね軟調。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 65.46 +0.46
NYMEX金先物 8月限 1176.2 +5
NYMEXプラチナ先物 9月限 783.1 -5.8
NYMEXガソリン 8月限 1.9874 -0.009
WTI ・・・ 65.88 +0
シカゴコーン ・・・ 365.25 -0.75
シカゴ大豆 ・・・ 885.5 +1
シカゴコーヒー ・・・ 101.1 -0.6
CRB商品指数 ポイント 0 +0