石油 | 2018年01月13日 06:41 JST

〔NY石油〕WTI、5日続伸(12日)

 【ニューヨーク時事】週末12日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、対ユーロでのドル安などを背景に5営業日続伸した。米国産標準油種WTI2月物の清算値は前日比0.50ドル(0.80%)高の1バレル=64.30ドルと、中心限月ベースで2014年12月5日以来約3年1カ月ぶりの高値を更新した。3月物は0.55ドル高の64.23ドル。  外国為替市場では対ユーロでドル安が先行。ドル建てで取引される原油などの商品に割安感が生じ、原油が買われた。またロイター通信によると、ロシアのノバク・エネルギー相はこの日、石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟の主要国が21日に開く合同閣僚監視委員会の会合では協調減産措置をスムーズに解除する可能性について協議される可能性があるとしながらも、「供給過剰は緩和されつつあるが、市場は完全にはまだ均衡が取れていない」と強調した。これを受けて、協調減産が目先は継続されるとの観測が広がり、原油が買われた面もあった。  ただ、原油が3年1カ月ぶりの高値水準で推移する中で、米国内での産油量拡大に対する懸念などを背景に利益確定の売りも出やすく、相場の上値は重い。米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが12日に公表した国内石油リグ稼働数は、前週比10基増の752基となったことも相場の重しとなった。 ▽ガソリン=続伸。中心限月の2月物の清算値は1.25セント高の1ガロン=184.95セント。 ▽ヒーティングオイル=反発。2月物の清算値は0.83セント高の1ガロン=208.50セント。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 71.28 +0.49
NYMEX金先物 6月限 1291.3 -7.8
NYMEXプラチナ先物 6月限 885 -5
NYMEXガソリン 5月限 2.2333 +0.0097
WTI ・・・ 71.18 +0
シカゴコーン ・・・ 402.5 +4.5
シカゴ大豆 ・・・ 998.5 +21.75
シカゴコーヒー ・・・ 118 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0