石油 | 2018年02月09日 06:12 JST

〔NY石油〕WTI、5日続落=5週間ぶり安値(8日)

 【ニューヨーク時事】8日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、米国内での増産懸念などを背景に5営業日続落した。米国産標準油種WTIの3月物の清算値は前日比0.64ドル(1.04%)安の1バレル=61.15ドルと、中心限月ベースでは1月2日(60.37ドル)以来約5週間ぶりの安値を付けた。4月物の清算値は0.61ドル安の60.94ドルだった。  米エネルギー情報局(EIA)が7日に公表した週報では、最新週の国内産油量が日量1025万バレルと、過去最高を記録していたことが明らかになった。これは石油輸出国機構(OPEC)最大の産油国であるサウジアラビアの現在の産油量を上回る水準。また同週報で、米原油在庫の2週連続の積み増しや石油製品在庫の予想外の積み増しが明らかになったことも相場を下押しする要因となった。  このほか、EIAが6日公表の短期エネルギー見通しで、2018年の米産油量の平均予想を日量1059万バレル、19年予想を日量1118万バレルにそれぞれ引き上げたことも引き続き圧迫材料。さらに、7日に操業停止が伝えられていた英国最大の石油・ガスパイプライン「フォーティーズ・パイプライン」がこの日、操業を再開したとの報が伝わったことも原油の売り材料となった。  ▽ガソリン=5営業日続落。中心限月3月物の清算値は0.10セント安の1ガロン=176.50セント。  ▽ヒーティングオイル=5営業日続落。3月物の清算値は1.00セント安の1ガロン=192.13セント。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 66.43 +0.67
NYMEX金先物 9月限 1187.8 +5.2
NYMEXプラチナ先物 9月限 792.5 +7.2
NYMEXガソリン 8月限 2.0151 +0.0116
WTI ・・・ 66.45 +0
シカゴコーン ・・・ 362 -1.5
シカゴ大豆 ・・・ 881.75 -0.25
シカゴコーヒー ・・・ 97.45 +0.2
CRB商品指数 ポイント 0 +0