石油 | 2018年03月09日 12:35 JST

〔週間見通し〕WTI、60ドル台前半でもみ合いか=JOGMEC野神氏

 野神隆之・石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)主席エコノミスト=来週のニューヨーク原油(WTI)相場は、強弱両材料が交錯する中、1バレル=60ドル台前半でもみ合う可能性がある。ただ、米株式相場が大幅下落すれば投資家のリスク回避姿勢が強まり、60ドルを割り込むこともあり得る。  米製油所の春の保守点検は終盤を迎えているものの、まだ終わっていない。原油の精製処理量の増加は見込めず、季節的な需給の緩みが依然として意識されるだろう。  米経済に対する不透明感も強い。経済政策で中心的な役割を果たしたコーン国家経済会議(NEC)委員長が辞任を表明したほか、トランプ米大統領が鉄鋼とアルミニウムの輸入制限を正式に決めた。こうした状況下で米株式相場が上昇基調になるのは難しく、原油も影響を受けるとみられる。  一方で、経済危機に直面するベネズエラや、中東の地政学的リスクに対する懸念は根強い。石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟の産油国による協調減産順守も下支え要因となり、原油相場の下落を抑制しそうだ。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 69.85 +0.8
NYMEX金先物 10月限 1198.5 +5.2
NYMEXプラチナ先物 10月限 814.9 +8.6
NYMEXガソリン 9月限 2.0049 +0.0126
WTI ・・・ 69.82 +0
シカゴコーン ・・・ 343.25 +0.25
シカゴ大豆 ・・・ 814 +5.75
シカゴコーヒー ・・・ 96.25 +0.4
CRB商品指数 ポイント 0 +0