������ | 2018年03月20日 04:59 JST

〔NY石油〕WTI、4日ぶり反落(19日)

 【ニューヨーク時事】週明け19日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、米株相場が一段安となったことで下押し圧力がかかり、4営業日ぶりに反落した。米国産標準油種WTIの中心限月4月物の清算値は前週末比0.28ドル(0.44%)安の1バレル=62.06ドルだった。5月物は0.28ドル安の62.13ドルとなった。  この日の米株相場は、2016年の米大統領選でトランプ陣営が使った選挙コンサルティング会社がフェイスブック(FB)利用者の個人情報を大量に不正入手していたとの報道を嫌気し、徐々に下げ幅を拡大。投資家のリスク回避姿勢が強まったことから、株と並んで同じくリスク資産である原油にも売りが波及した。  また、米国でシェールオイルの増産傾向が続く中、米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが16日に公表した最新週の国内石油掘削リグ稼働数が前週比4基増の800基だったことも、相場を下押しする要因となった。  ただ、サウジアラビアのムハンマド皇太子が15日までに米CBSテレビとのインタビューで、対立するイスラム教シーア派大国イランが核兵器開発に成功すれば、サウジも直ちに追随する考えを表明。既に国交を断絶しているサウジアラビアとイランとの間で一段と緊張が高まれば、原油供給の停滞につながりかねないとの警戒感がくすぶっていることから、相場の下値は限定的だった。 ▽ガソリン=4営業日ぶり反落。中心限月の4月物の清算値は2.10セント安の1ガロン=192.49セント。 ▽ヒーティングオイル=5営業日ぶり反落。4月物の清算値は0.48セント安の1ガロン=190.70セント。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.58 -1.35
NYMEX金先物 12月限 1242.7 -4.6
NYMEXプラチナ先物 1月限 797.5 -10.3
NYMEXガソリン 12月限 1.4782 -0.0353
WTI ・・・ 51.21 +0
シカゴコーン ・・・ 384.25 +0.5
シカゴ大豆 ・・・ 907 -7
シカゴコーヒー ・・・ 98.8 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0