石油 | 2018年04月13日 11:36 JST

〔週間見通し〕NY原油、上昇基調続く=三菱UFJリサーチ・芥田氏

 芥田知至・三菱UFJリサーチ&コンサルティング主任研究員=来週のニューヨーク原油(WTI)相場は、引き続き中東の地政学リスクへの警戒感から上昇基調が続くとみている。中心限月5月きりは65ドルを安値として上値を試し、69ドル台までの上昇を見込んでいる。  これまで60~65ドル台で推移していた5月きりは、シリア情勢の緊迫化を受け、10日以降レンジを切り上げている。シリア情勢が緊迫化しているほか、イエメンの内戦も激化し、不透明感を増している。こうした地政学リスクを背景に、WTIは強地合いが続くだろう。  ただ、価格が上昇すれば過去最高規模の産出が続いているシェールオイルの増産が見込まれる。米連邦準備制度理事会(FRB)高官らの講演も予定されており、利上げ観測の高まりから、為替がドル高に振れる可能性もあり、徐々に上値は重くなりそうだ。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 65.54 +2.31
NYMEX金先物 6月限 1267.2 +2.5
NYMEXプラチナ先物 7月限 863.2 +8.6
NYMEXガソリン 6月限 2.0123 +0.0394
WTI ・・・ 65.68 +0
シカゴコーン ・・・ 357 +1.5
シカゴ大豆 ・・・ 880.5 +12.5
シカゴコーヒー ・・・ 114.1 +1.5
CRB商品指数 ポイント 0 +0