������ | 2018年04月19日 23:20 JST

〔NY石油〕WTI堅調、68ドル台後半(19日午前)

 【ニューヨーク時事】19日午前のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、需給の引き締まり期待を背景に堅調に推移している。米国産標準油種WTIの中心限月5月物は午前9時50分現在、前日比0.43ドル高の1バレル=68.90ドル。  前日発表の米エネルギー情報局(EIA)週報では、原油在庫が市場予想に近い取り崩しとなったほか、ガソリンとディスティレート(留出油)の在庫も大幅に減少した。また、石油輸出国機構(OPEC)の盟主サウジアラビアが目標とする価格水準について、1バレル=80ドル、場合によっては100ドルが望ましいとみていると報じられたことも追い風となり、相場は前日夕以降も堅調に推移。この日早朝には69.56ドルを付け、70ドルの大台回復が目前に迫る場面も見られた。  6月22日にOPEC総会を控えて、市場ではOPEC加盟・非加盟国が年末で期限切れとなる現行の協調減産合意を延長するとの期待が拡大。週末20日に開かれる共同閣僚監視委員会(JMMC)の会合では、減産合意の履行状況などが点検される予定で、注目が集まっている。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 70.32 +0.59
NYMEX金先物 10月限 1206.6 -10.6
NYMEXプラチナ先物 10月限 834.2 -6.5
NYMEXガソリン 9月限 2.0146 +0.0068
WTI ・・・ 70.72 +0
シカゴコーン ・・・ 352.5 +4
シカゴ大豆 ・・・ 850.25 -4.25
シカゴコーヒー ・・・ 99.7 -0.05
CRB商品指数 ポイント 0 +0