������ | 2018年04月20日 11:10 JST

〔東京石油〕中東産原油、円下落映し強含み=製品は下げ縮小(20日午前)

 中東産(ドバイ)原油は強含み。午前11時現在、中心限月の9月先ぎりが前日比120円高の4万5710円。他限月は80~120円高。日中立ち会いは、取引中のニューヨーク原油(WTI)相場が東京市場の前日大引け時点とほぼ同水準で推移していたことから、まちまちで始まった。その後は円相場の下落を映し、全限月がプラス圏に浮上している。  石油製品(バージ)は総じて安寄りした後、下げ幅を縮小している。ガソリンが170安~90円高、灯油は190安~40円高。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 65.46 +0.46
NYMEX金先物 8月限 1176.2 +5
NYMEXプラチナ先物 9月限 783.1 -5.8
NYMEXガソリン 8月限 1.9874 -0.009
WTI ・・・ 65.88 +0
シカゴコーン ・・・ 365.25 -0.75
シカゴ大豆 ・・・ 885.5 +1
シカゴコーヒー ・・・ 101.1 -0.6
CRB商品指数 ポイント 0 +0