������ | 2018年04月25日 16:00 JST

〔東京石油〕中東産原油、3日ぶり反落=製品も安い(25日)

 中東産(ドバイ)原油は、3営業日ぶり反落。終値は、中心限月9月先ぎりが前日比870円安の4万6150円、ほかは120~890円安。日中立ち会いは、前日のニューヨーク原油(WTI)相場が米長期金利の上昇などを背景に下落した流れを引き継ぎ、反落して始まった。その後も、WTIの軟調を眺めて弱地合いが継続した。  石油製品(バージ)も原油安に連れ、反落。ガソリンは、納会を迎えた5月当ぎりが940円安で限月落ち。他は840~920円安。灯油は、5月当ぎりが1140円安で納会。他限月は700~880円安。  中京石油(ローリー)のガソリンは、5月当ぎりが470円高の6万2970円で限月落ち。6月、7月きりは200~500円高、期先3限月は出来ず。灯油は5月当ぎりが30円安の6万3270円で納会、ほかは出合いがなかった。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 59.03 +1.09
NYMEX金先物 3月限 1305 -4.3
NYMEXプラチナ先物 3月限 851.2 +7
NYMEXガソリン 3月限 1.8931 +0.0149
WTI ・・・ 59.07 +0
シカゴコーン ・・・ 371.25 +0
シカゴ大豆 ・・・ 904 +1.25
シカゴコーヒー ・・・ 94.6 -2.05
CRB商品指数 ポイント 0 +0