石油 | 2018年05月11日 14:40 JST

〔週間見通し〕NY原油、上昇基調続く―第一商品・村上氏

 村上孝一・第一商品貴金属アナリスト=来週のニューヨーク原油(WTI)相場は、イランの核合意問題、イラン・イスラエルの紛争などを材料に、引き続き上昇基調が続きそうだ。中心限月6月きりは60ドル台後半~75ドルを見込んでいる。  来週も同問題が尾を引くことが予想されるが、急速に需給の引き締まりが進む状況ではない。WTIが節目の75ドルを超えて上昇するにはもう一段の買い要因が必要だ。15日にはイランと英仏独、欧州連合(EU)による協議が行われる予定といい、注目材料となりそうだ。  WTIは3年5カ月ぶりの高値圏にあることから利食い売りが出やすい状況だ。米在庫統計で大幅な減少となれば、いったん調整に入ることも予想されるが、中東の地政学リスクなどに支えられ、一時的なものにとどまると予想している。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 68.08 -0.26
NYMEX金先物 7月限 1225.7 +1
NYMEXプラチナ先物 9月限 820.7 -2.3
NYMEXガソリン 7月限 2.0261 -0.0078
WTI ・・・ 67.98 +0
シカゴコーン ・・・ 346.25 +2.5
シカゴ大豆 ・・・ 839.5 +7.25
シカゴコーヒー ・・・ 105.7 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0