石油 | 2018年05月15日 07:35 JST

〔米欧石油市況・詳報〕反発=「供給過剰解消」とのOPEC報告で(14日)

 【ニューヨーク・ロイターES=時事】週明け14日の米欧市場の原油先物相場は反発。石油輸出国機構(OPEC)が供給過剰が事実上回復したとの見解を示したことを好感した。  英国産標準油種北海ブレントの中心限月の清算値は、前週末比1.11ドル高の1バレル=78.23ドル。米国産標準油種WTIは、0.26ドル高の70.96ドル。WTI相場は北海ブレントを7.28ドル下回り、価格差は昨年12月12日以来の大きさとなった。  米エネルギー情報局(EIA)が発表した国内シェールオイル生産見通しによると、過去最高の日量718万バレル。アナリストは米産油量の伸びが当面続き、価格差が拡大する要因になり得ると観測する。  一方、OPECは最新リポートで強気の見方を示している。OPECと非加盟産油国は引き続き、協調減産合意を上回る水準で生産削減を行っている。  米国がイランに新たな制裁を発動した場合、産油量がOPEC3位のイランにどのような影響が及ぶかは不透明。主要需要国の対応の仕方によって大きく変わるとみられている。制裁は11月に発動される予定。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 68.65 +0.19
NYMEX金先物 11月限 1227.4 -0.6
NYMEXプラチナ先物 1月限 831.7 +0.8
NYMEXガソリン 10月限 1.8911 +0.0112
WTI ・・・ 68.58 +0
シカゴコーン ・・・ 370.75 -1
シカゴ大豆 ・・・ 863.5 +1.5
シカゴコーヒー ・・・ 121.65 -0.4
CRB商品指数 ポイント 0 +0