石油 | 2018年06月13日 04:56 JST

〔NY石油〕WTI、続伸(12日)

 【ニューヨーク時事】12日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、石油輸出国機構(OPEC)総会を前にショートカバーなどが入り、続伸した。米国産標準油種WTI中心限月7月物の清算値は前日比0.26ドル(0.39%)高の1バレル=66.36ドル。8月物は0.25ドル高の66.28ドルとなった。  石油輸出国機構(OPEC)総会とOPEC加盟・非加盟国会合を22、23両日に控えて、投資家の様子見姿勢が強まる中、午前中の相場はおおむね動意に乏しい展開だった。市場関係者はOPEC加盟・非加盟国が現行の協調減産措置の緩和を決定するか否かに注目している。  午後に入り対ユーロでドル高が進行したため、ドル建てで取引される原油相場は割高感から売りが出てマイナス圏に沈む場面もあったものの、清算値確定前にはショートカバーなどが入り、再びプラス圏に切り返した。  ▽ガソリン=続落した。中心限月7月物の清算値は1.50セント安の1ガロン=208.99セントとなった。  ▽ヒーティングオイル=3営業日ぶりに反発し、7月物の清算値は0.11セント高の1ガロン=216.18セントとなった。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 66.43 +0.89
NYMEX金先物 8月限 1186.8 +3.7
NYMEXプラチナ先物 9月限 792.5 -7.2
NYMEXガソリン 8月限 2.0151 +0.0004
WTI ・・・ 66.45 +0
シカゴコーン ・・・ 362 -2
シカゴ大豆 ・・・ 881.75 -6.25
シカゴコーヒー ・・・ 98.65 +1.4
CRB商品指数 ポイント 0 +0