石油 | 2018年06月14日 23:53 JST

〔NY石油〕WTI、堅調(14日午前)

 【ニューヨーク時事】14日午前のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、石油輸出国機構(OPEC)総会を来週に控え、ポジション調整の商いが中心となる中、堅調に推移している。米国産標準油種WTIの中心限月7月物は午前9時51分現在、前日清算値比0.29ドル高の1バレル=66.93ドル。  新規の手掛かり材料不足の中、原油相場はプラス圏で売り買いが交錯。米エネルギー情報局(EIA)が前日に公表した最新週の原油在庫が予想を上回る大幅な取り崩しだったことが引き続き相場を下支えしているもようだ。  OPECが22~23日にウィーンで開く総会などでは、加盟・非加盟の産油国が協調減産合意の緩和に動くとの観測が浮上しており、協議の行方を見極めたいとの思惑が広がっている。ロイター通信によると、ロシアのノバク石油相はこの日、OPEC加盟・非加盟国は7月1日から減産措置を緩和し、産油量を日量150万バレル水準に戻すことを検討する可能性があると表明。また、サウジアラビアのムハンマド皇太子はこの日、ロシアのプーチン大統領と会談し、国際石油市場の問題についてロシアと引き続き協力する姿勢を明らかにした。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 65.06 +0.47
NYMEX金先物 6月限 1274.6 +2.4
NYMEXプラチナ先物 7月限 887.8 -4.6
NYMEXガソリン 6月限 2.0232 +0.0296
WTI ・・・ 65.01 +0
シカゴコーン ・・・ 361.25 -5
シカゴ大豆 ・・・ 905.5 +1
シカゴコーヒー ・・・ 114.4 -0.8
CRB商品指数 ポイント 0 +0