石油 | 2018年07月10日 07:02 JST

〔NY天然ガス市況〕反落=過去最高の生産量映す(9日)

 9日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の天然ガス相場は反落した。米48週の天然ガス生産量が過去最高を更新したことに加え、今後2週間の気温上昇やガス需要は当初見通しより大きくないとの予想が重しとなり、7週間ぶり安値を付けた。  8月当ぎりの清算値は3.0セント(1%)安の100万BTU(英国熱量単位)当たり282.8セントと、5月21日以来の安値を付けた。  トムソン・ロイターのデータによると、米48州の過去30日の生産量は、日量平均804億立方フィートと過去最高。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 55.59 +0.17
NYMEX金先物 2月限 1318.1 +6.1
NYMEXプラチナ先物 3月限 805.3 +1.1
NYMEXガソリン 2月限 1.5729 -0.012
WTI ・・・ 55.53 +0
シカゴコーン ・・・ 374.75 +0.5
シカゴ大豆 ・・・ 907.5 +2.5
シカゴコーヒー ・・・ 97.95 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0