石油 | 2018年07月10日 22:53 JST

〔NY石油〕WTI堅調、74ドル台半ば(10日午前)

 【ニューヨーク時事】10日午前のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、国際石油市場の供給逼迫(ひっぱく)懸念が強まる中、堅調に推移している。米国産標準油種WTIの中心限月8月物は午前9時40分現在、前日比0.72ドル高の1バレル=74.57ドル。  ロイター通信などによると、ノルウェーの沖合石油・ガス掘削リグの労働者らが10日、賃金交渉の決裂を受けてストライキを開始。10日に約670人、15日深夜からはさらに901人がスト入りするとみられており、これまでに1油田が生産を停止した。この影響で英国産北海ブレント原油価格が上昇し、WTIにも買いが波及。8月物はこの日未明の時間帯に74ドル台を回復した。  一方、リビア国営石油(NOC)は9日、政情不安などを背景とした主要な石油輸出港の閉鎖に伴い、同日時点の産油量が2月の水準に比べ半分以下に落ち込んだと発表。加えて、米国による対イラン制裁や、カナダ、ベネズエラでの産油量減少などの要因も重なり、世界的に供給が逼迫しているとの懸念が相場を押し上げている。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.25 -0.14
NYMEX金先物 12月限 1210.1 +2.9
NYMEXプラチナ先物 1月限 833.8 +4.9
NYMEXガソリン 11月限 1.5606 -0.0124
WTI ・・・ 56.11 +0
シカゴコーン ・・・ 367 +0.75
シカゴ大豆 ・・・ 883.5 +4.75
シカゴコーヒー ・・・ 112.65 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0