石油 | 2018年07月11日 23:58 JST

〔NY石油〕WTI、反落=EIA週報発表後も軟調(11日午前10時40分)

 【ニューヨーク時事】11日午前のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、米エネルギー情報局(EIA)の在庫週報発表後も軟調に推移している。米国産標準油種WTIの中心限月8月物は午前10時40分現在、前日清算値比0.85ドル安の1バレル=73.26ドル。  EIA週報によると、米国内の原油在庫は前週比1260万バレル減と、市場予想(ロイター通信拡大版調査)の450万バレル減を大きく上回る取り崩し幅となった。ガソリン在庫も70万バレル減(予想は80万バレル減)。一方、ディスティレート(留出油)在庫は410万バレル増(同120万バレル増)だった。この週報の発表を受け、一時は朝方の下げ幅を大きく縮小したが、その後は再び売り戻されている。  リビア国営石油(NOC)がこの日、不可抗力条項の発動などで閉鎖していた4つの石油輸出港での原油積み込み作業再開を発表したことや、米中「貿易戦争」激化への懸念などが引き続き圧迫材料。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.58 -1.35
NYMEX金先物 12月限 1242.7 -4.6
NYMEXプラチナ先物 1月限 797.5 -10.3
NYMEXガソリン 12月限 1.4782 -0.0353
WTI ・・・ 51.21 +0
シカゴコーン ・・・ 384.25 +0.5
シカゴ大豆 ・・・ 907 -7
シカゴコーヒー ・・・ 98.8 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0