石油 | 2018年07月13日 12:13 JST

〔週間見通し〕NY原油、反発か=楽天証券・吉田氏

 ▽吉田哲・楽天証券経済研究所コモディティアナリスト=ニューヨーク原油(WTI)相場は、中心限月8月きりが70ドルの心理的節目近辺で下げ止まっている。来週は需給の引き締まり感から底堅く推移し、反発するとみている。8月きりは67~73ドルのレンジを見込んでいる。  WTIが下げ止まっているのは、大幅な下落は関連株などへの影響も大きく、歓迎されていないからだ。米エネルギー情報局(EIA)の統計で在庫の減少が確認されたほか、石油輸出国機構(OPEC)の増産幅が小さかったことなどが来週の買い材料として意識され、5月下旬の高値72.83ドルが上値目標となりそうだ。  ただ、原油生産については政治的な色合いが強くなっており、WTIは需給だけで決まらない。トランプ米大統領やOPEC首脳らの発言次第で売りが膨らみ、67ドル程度まで下押す可能性も否定できない。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 69.46 +0.85
NYMEX金先物 8月限 1224 +6.9
NYMEXプラチナ先物 7月限 800.6 +25.9
NYMEXガソリン 7月限 2.0435 +0.0216
WTI ・・・ 69.37 +0
シカゴコーン ・・・ 351.25 +3.25
シカゴ大豆 ・・・ 846 +4.25
シカゴコーヒー ・・・ 111 +2.2
CRB商品指数 ポイント 0 +0