������ | 2018年07月20日 11:20 JST

〔週間見通し〕NY原油、堅調地合い続く=豊商事・平氏

 平敦史・豊商事法人営業課課長=ニューヨーク原油(WTI)相場は、8月きりが20日に納会を迎え、限月交代で来週は9月きりが中心限月になる。8月きりと同様、比較的、堅調な地合いが継続し、来週は65~71ドルのレンジでの推移を見込む。  サウジアラビアなどの増産観測を背景に需給の緩みが嫌気され、調整に入っていたが、今週半ばから戻り歩調にある。先週半ばから今週初めにかけ、値崩れした後なので値固めした上で、再度上昇するとみている。サウジなど産油国は原油価格の下落を望んではいない。いったん押せば、産出量を減少させるなど需給引き締めの調整をしてくるだろう。  ただ、70ドルが近くなると、上値は重くなってくる。米中貿易摩擦やイランへの経済制裁問題に加え、米国の備蓄放出が取り沙汰されており、伸び悩みが予想される。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 65.46 +0.44
NYMEX金先物 8月限 1176.2 +2.6
NYMEXプラチナ先物 9月限 783.1 -5.8
NYMEXガソリン 8月限 1.9874 -0.0061
WTI ・・・ 65.39 +0
シカゴコーン ・・・ 365.25 -1
シカゴ大豆 ・・・ 885.5 -7.5
シカゴコーヒー ・・・ 100.6 -1.1
CRB商品指数 ポイント 0 +0