石油 | 2018年07月24日 07:04 JST

〔NY天然ガス市況〕続落=生産量が過去最高(23日)

 週明け23日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の天然ガス相場は続落し、最近付けた11週間ぶり安値に並んだ。生産量が過去最高となったことを映した。  今週は熱波の影響により、南カリフォルニアで火力発電向け需要が増えると予想されているが、この先2週間にかけてはそれほど高温にならず、需要が減退するとの見方も売りを誘った。  8月当ぎりの清算値は3.6セント(1.3%)安の100万BTU(英国熱量単位)当たり272.1セント。5月4日以来の安値水準となった7月18日の清算値と同じだった。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 55.59 +0.47
NYMEX金先物 2月限 1318.1 +7.2
NYMEXプラチナ先物 4月限 806.9 +1.1
NYMEXガソリン 2月限 1.5729 -0.0034
WTI ・・・ 55.53 +0
シカゴコーン ・・・ 374.75 +0
シカゴ大豆 ・・・ 907.5 +0
シカゴコーヒー ・・・ 97.6 -0.25
CRB商品指数 ポイント 0 +0