������ | 2018年08月17日 13:32 JST

〔週間見通し〕NY原油、マクロ要因で弱含みか=日産証券・菊川氏

 菊川弘之・日産証券主席アナリスト=来週のニューヨーク原油(WTI)相場は、米中貿易協議やジャクソンホール会合などマクロ要因を背景に弱含みそうだ。中心限月9月きりは63~67ドルのレンジを想定している。  来週は23日からジャクソンホール会合が始まる。この場で米利上げが示唆されれば、ドル高の動きが強まり、ドル建て商品全般に下押し圧力がかかりそうだ。22、23日には米中貿易協議が開かれる見通しだが、その場で摩擦解消に向けた合意がなされるとは考えにくい。米政権は23日に、中国の知的財産権侵害を理由に同国製品160億ドル相当への追加関税措置を予定通り実施するとみられ、WTIは原油需要の減退懸念から下げる可能性がある。  9月きり一代足の200日移動平均線が通る63ドルを割り込めば、心理的節目の60ドル方向への下振れもあり得る。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 71.12 +0.25
NYMEX金先物 10月限 1203.9 +0.2
NYMEXプラチナ先物 10月限 821.9 +1.8
NYMEXガソリン 9月限 2.0207 +0.0023
WTI ・・・ 71.03 +0
シカゴコーン ・・・ 345.75 +0
シカゴ大豆 ・・・ 830 +0
シカゴコーヒー ・・・ 96.7 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0