石油 | 2018年09月14日 12:01 JST

〔週間見通し〕NY原油、弱含みか=米在庫に関心―楽天証券・吉田氏

 ▽吉田哲・楽天証券経済研究所コモディティアナリスト=ニューヨーク原油(WTI)相場は、足元の弱基調を継続して、中心限月10月きりが直近安値の67ドル程度まで下落する可能性があるとみている。  今週いったん70ドルを上抜けたにもかかわらず、再び下げ基調になったのは、米原油在庫の減少幅が市場の予想を下回ったためだ。在庫は7日時点で3億9600万バレル。4億バレル割れは2015年2月以来となる。過剰在庫解消の流れではあるが、市場はそれ以上の減少を期待していたということだ。ハリケーン「フローレンス」により原油需要が減少するとの観測が高まったことも下落の一因だ。  ハリケーンの進路によっては一時的な70ドル回復はあっても、来週も在庫が減りづらい状況に変わりはない。市場の関心が米在庫に集まっている中で、WTIは弱含みで推移しそうだ。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.07 +1.69
NYMEX金先物 1月限 1291 -9.7
NYMEXプラチナ先物 1月限 807.8 +0
NYMEXガソリン 1月限 1.43 +0.0183
WTI ・・・ 53.55 +0
シカゴコーン ・・・ 380 +0.75
シカゴ大豆 ・・・ 907.75 +7.25
シカゴコーヒー ・・・ 105.25 +2.85
CRB商品指数 ポイント 0 +0