石油 | 2018年09月15日 08:04 JST

〔NY天然ガス市況〕続落=需要減退予想で(14日)

 14日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の天然ガス先物相場は続落し、6週間ぶりの安値に沈んだ。この先2週間は季節的な気温低下により冷房需要が減退する一方、暖房向け需要はあまり増加しないと予想された。  トレーダーは需要減退に伴い、向こう数週間で冬の暖房シーズンに備えた貯蔵施設への在庫積み増しが進むと見込んでいる。  この日は米南東部において、ハリケーン「フローレンス」の影響で気温が低下し、停電が発生したことが相場低下の一因になった。  10月当ぎりの清算値は5.0セント(1.8%)安の100万BTU(英国熱量単位)当たり276.7セントと、当ぎり継続足で8月1日以来の安値。  週ベースではわずかに下げ、4週続落した。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 72.08 +0.27
NYMEX金先物 9月限 1199.3 +2.8
NYMEXプラチナ先物 10月限 829.3 -2.7
NYMEXガソリン 9月限 2.0547 +0.0148
WTI ・・・ 72.85 +0
シカゴコーン ・・・ 360.5 -0.25
シカゴ大豆 ・・・ 841 +7.25
シカゴコーヒー ・・・ 97.55 -0.95
CRB商品指数 ポイント 0 +0