������ | 2018年09月24日 22:33 JST

〔NY石油〕WTI、大幅続伸(24日午前)

 【ニューヨーク時事】週明け24日午前のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟国の会合で増産見送りが決定されたことを受けて、大幅続伸している。米国産標準油種WTI中心限月11月物は午前9時15分現在、前週末清算値比1.57ドル高の1バレル=72.35ドル。  OPEC加盟・非加盟の主要産油国は23日にアルジェリアの首都アルジェで非公式の会合を開き、原油の追加増産を見送ることを決定した。米国による対イラン制裁の再発動を11月に控え、原油価格が高止まりする中、トランプ米大統領は増産圧力を強めていたが、主要産油国は米政権の要求を退けた。これを受けて、市場では買いが活発化。相場は未明に一時72.39ドルまで上昇した。  外国為替市場で朝方にドルが対ユーロで急落したことも、ドル建てで取引される原油買いを後押しした。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 51.2 -0.93
NYMEX金先物 12月限 1237 +4
NYMEXプラチナ先物 1月限 785.3 +7
NYMEXガソリン 12月限 1.4343 -0.0093
WTI ・・・ 51.21 +0
シカゴコーン ・・・ 384.75 -1
シカゴ大豆 ・・・ 900.5 +6.75
シカゴコーヒー ・・・ 97.65 +0.7
CRB商品指数 ポイント 0 +0