������ | 2018年09月26日 07:02 JST

〔NY天然ガス市況〕続伸、連日の8カ月ぶり高値=高温で在庫懸念(25日)

 25日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の天然ガス先物相場は続伸。2日連続で約8カ月ぶりの高値を付けた。米国の大半で依然として気温が例年を上回り、エアコン需要が高止まりしていることから、天然ガス在庫への懸念が相場を支援した。  高温のため、発電所は例年のこの時期よりも燃料使用量が多く、天然ガスの在庫が少なくなっている。  通常はこの時期になると暖房需要が冷房需要を上回り始めるが、最新の予報によれば、今年はその切り替わりが10月になる見通し。  アナリストの予想によると、9月21日までの週で、米ガス在庫は前週比710億立方フィート増と、通常より少ない増加幅にとどまった。  予想通りなら在庫は2兆7930億立方フィートと、この時期の5年平均(3兆3890億立方フィート)を17.6%下回り、2003年以来の低水準となる。  10月当ぎりの清算値は4.4セント(1.4%)高の308.2セントと、1月30日以来の高値となった。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 54.41 +1.38
NYMEX金先物 2月限 1309.8 +9
NYMEXプラチナ先物 3月限 787.5 +17.9
NYMEXガソリン 2月限 1.5085 +0.0657
WTI ・・・ 55.53 +0
シカゴコーン ・・・ 374.75 +0
シカゴ大豆 ・・・ 903.5 +4.25
シカゴコーヒー ・・・ 97.6 -0.25
CRB商品指数 ポイント 0 +0