������ | 2018年10月19日 04:43 JST

〔NY石油〕WTI続落、1カ月ぶり安値(18日)

 【ニューヨーク時事】18日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、米原油在庫の増加傾向を嫌気した売りが止まらず、続落した。米国産標準油種WTI11月物の清算値は前日比1.10ドル(1.58%)安の1バレル=68.65ドルと、中心限月としては9月13日以来約1カ月ぶりの安値となった。12月物の清算値は0.99ドル安の68.71ドル。  米エネルギー情報局(EIA)が前日発表した週間石油在庫週報で、12日までの週の米原油在庫が650万バレル増と、市場予想(220万バレル増=ロイター通信調べ)を大きく上回ったことが引き続き投資家心理を圧迫。原油在庫の拡大は4週連続で、この間の積み増し幅は計2230万バレルに達した。  一方、米国による禁輸制裁の再発動を控えたイラン産原油の供給減少はおおむね織り込まれたもようで、この日は相場の下支え材料とはならず、朝方にかけてじりじりと下げ幅を拡大した。  また、サウジアラビア人の反体制記者ジャマル・カショギ氏の殺害疑惑を受け、ムニューシン米財務長官が昼ごろ、サウジで来週開かれる大規模な投資会議への欠席を表明。これをきっかけに米株相場が一段安となり、対ユーロでドル高が加速したことも原油相場の重しとなり、午後には一時68.47ドルの安値を付けた。  ▽ガソリン=続落。11月物の清算値は2.76セント安の1ガロン=189.11セントと、中心限月としては3月中旬以来約7カ月ぶりの安値を付けた。  ▽ヒーティングオイル=11月物の清算値は1.62セント安の1ガロン=229.49セントに続落した。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.46 +0.37
NYMEX金先物 11月限 1212.8 +8.1
NYMEXプラチナ先物 1月限 845.3 +2.7
NYMEXガソリン 11月限 1.5566 +0.0247
WTI ・・・ 56.44 +0
シカゴコーン ・・・ 367.5 -2.75
シカゴ大豆 ・・・ 888.75 +3.75
シカゴコーヒー ・・・ 112.55 +2.5
CRB商品指数 ポイント 0 +0