石油 | 2018年11月08日 23:45 JST

〔NY石油〕WTI、続落(8日午前)

 【ニューヨーク時事】8日午前のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、米国内の供給過剰懸念が広がる中、続落している。米国産標準油種WTI12月物は午前9時15分現在、前日清算値比0.31ドル安の1バレル=61.36ドル。  中国税関総署が8日に発表した10月の同国原油輸入量は4080万トンと前月の3721万トンから増加した。エネルギー消費大国である中国の石油需要の底堅さが示されたことから未明は原油を買い戻す動きが優勢となっていた。また、前日に8カ月ぶりの安値を付けた反動から安値拾いの買いなども入りやすかった。  しかし、米エネルギー情報局(EIA)が前日に発表した週報では、最新週の米原油在庫は前週比580万バレル増と、7週連続の積み増しを記録。またロイター通信によると、週間ベースの産油量も過去最大規模だった。このため、米国内の供給過剰懸念も根強く、その後はマイナス圏に沈んでいる。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 55.69 +0.05
NYMEX金先物 12月限 1201.4 +2.4
NYMEXプラチナ先物 1月限 841.3 +3
NYMEXガソリン 11月限 1.5427 +0.0032
WTI ・・・ 55.58 +0
シカゴコーン ・・・ 366.5 +0
シカゴ大豆 ・・・ 867.25 +0
シカゴコーヒー ・・・ 109.2 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0