������ | 2018年11月13日 00:11 JST

〔NY石油〕WTI、続落(13日午前)

 【ニューヨーク時事】13日午前のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、トランプ米大統領が石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟国による来年の減産方針をけん制したことなどを背景に売りが優勢となり、続落している。米国産標準油種WTIの中心限月12月物は午前10時現在、前日比1.60ドル安の1バレル=58.33ドル。  サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は12日、石油市場を均衡させるためには2019年に日量100万バレルの減産(18年10月比)が必要との分析結果で加盟・非加盟国の意見が一致したと表明。これを受け、トランプ米大統領は同日「サウジとOPEC加盟国が減産しないことを望む。原油価格は供給(量)に基づきもっと引き下げられるべきだ」とツイッターに投稿。原油相場の上昇につながる減産をけん制したことから、この日も売り地合いが継続している。  また、外国為替市場では対ユーロでドル高基調が続いており、ドル建てで取引される原油などの商品に割高感が生じていることも圧迫材料となっている。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.58 -1.35
NYMEX金先物 12月限 1242.7 -4.6
NYMEXプラチナ先物 1月限 797.5 -10.3
NYMEXガソリン 12月限 1.4782 -0.0353
WTI ・・・ 51.21 +0
シカゴコーン ・・・ 384.25 +0.5
シカゴ大豆 ・・・ 907 -7
シカゴコーヒー ・・・ 98.8 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0