������ | 2018年11月14日 07:14 JST

〔NY天然ガス市況〕続伸=約4年ぶり高値圏(13日)

 13日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の天然ガス先物相場は続伸。原油相場は急落したが、今後2週間の気温が従来予想を下回ると見込まれ、2014年11月28日以来、約4年ぶりの高値圏で取引を終えた。  12月当ぎりの清算値は31.3セント(8.3%)高の100万BTU(英国熱量単位)当たり410.1セント。  トレーダー筋によれば、気温の低下で暖房需要が高まり、在庫の取り崩しが始まるという。在庫は既にこの時期の平年水準を約16%下回り、03年以来の低さとなっており、今冬に一部地域で不足する恐れが高まっている。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 54.41 +1.38
NYMEX金先物 2月限 1309.8 +9
NYMEXプラチナ先物 3月限 787.5 +17.9
NYMEXガソリン 2月限 1.5085 +0.0657
WTI ・・・ 55.53 +0
シカゴコーン ・・・ 374.75 +0
シカゴ大豆 ・・・ 903.5 +4.25
シカゴコーヒー ・・・ 97.6 -0.25
CRB商品指数 ポイント 0 +0