石油 | 2019年01月03日 05:52 JST

〔NY石油〕WTI、3日続伸(2日)

 【ニューヨーク時事】年明け2日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、米株式相場が下げ幅を縮小する中で原油にも買い戻しが入り、3営業日続伸した。米国産標準油種WTIの中心限月2月物の清算値は前営業日比1.13ドル(2.49%)高の1バレル=46.54ドル。3月物は1.14ドル高の46.86ドル。  中国国家統計局が12月31日に発表した同月の製造業購買担当者景況指数(PMI)は前月から低下し、景気拡大・縮小を判断する節目の50を2年5カ月ぶりに割り込んだ。さらに、英調査会社マークイットと中国メディア財新がこの日発表した同指数も低調だった。世界的な景気減速懸念や米政府機関の一部閉鎖問題などが重しとなり、この日の米株価は寄り付きから大幅反落。ただ、トランプ米大統領が貿易協議で合意すれば株価も回復すると発言したことを受けて、米中間の「貿易戦争」解消に向けた期待が高まったことから、米株価は下げ幅を縮小。これを受けて、株式と並んでリスク資産とされる原油にも買い戻しが入った。  また、ブルームバーグ通信は、サウジアラビアの2018年12月の原油輸出量が減少していたと報道。今月から実施される石油輸出国機構(OPEC)主導の協調減産への期待が広がったことも相場を押し上げた。  ただ、世界経済やエネルギー需要の先行きに警戒感が広がっていることに加え、ロシアや米国の産油量が記録的な高水準にとどまっていることから、上値は重かった。  ▽ガソリン=上伸。中心限月2月物の清算値は2.35セント高の1ガロン=132.56セント。  ▽ヒーティングオイル=上伸。2月物の清算値は2.12セント高の1ガロン=170.06セント。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 53.01 -0.65
NYMEX金先物 1月限 1282.5 +0.7
NYMEXプラチナ先物 1月限 786.5 +3.5
NYMEXガソリン 1月限 1.4015 -0.0259
WTI ・・・ 52.54 +0
シカゴコーン ・・・ 379 -0.5
シカゴ大豆 ・・・ 909.25 +4.25
シカゴコーヒー ・・・ 103.7 +0.35
CRB商品指数 ポイント 0 +0