石油 | 2019年01月12日 08:28 JST

〔NY天然ガス市況〕反発=寒冷予報が強材料(11日)

 11日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の天然ガス先物相場は反発し、2週間ぶり高値まで上昇した。今月中は従来予想より、かなり寒冷な天候となり、暖房用のガス需要が高まるとの予報が出されたことが強材料だった。  気象学者らは、天気について、18日までは季節的要因で寒冷な天候が続き、その後はさらに冷え込む見込みだとの見方を示した。  2月きりの清算値は13.0セント(4.4%)高の100万BTU(英国熱量単位)当たり309.9セントと昨年12月28日以来の高値だった。週間では、約2%高だった。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 53.01 -0.81
NYMEX金先物 1月限 1282.5 +0.7
NYMEXプラチナ先物 1月限 786.5 +3.5
NYMEXガソリン 1月限 1.4015 -0.0298
WTI ・・・ 52.54 +0
シカゴコーン ・・・ 379 -0.5
シカゴ大豆 ・・・ 909.25 +3.5
シカゴコーヒー ・・・ 103.75 +0.4
CRB商品指数 ポイント 0 +0