石油 | 2019年01月24日 06:10 JST

〔NY石油〕WTI、続落(23日)

 【ニューヨーク時事】23日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、朝方まで堅調に推移していたものの、その後は売りが優勢となり、続落した。この日から中心限月に繰り上がった米国産標準油種WTI3月物の清算値は前日比0.39ドル(0.74%)安の1バレル=52.62ドル。4月物は0.38ドル安の52.92ドルだった。  ロイター通信の暫定版調査によると、18日までの1週間の米原油在庫は前週比40万バレル減と、3週連続の取り崩しとなる見込みだという。また、米エネルギー情報局(EIA)が前日、今後数年のうちに米シェールオイル生産の伸びが鈍化するとの見通しを発表したことを受けて、需給引き締まりへの期待が広がる中、朝方の原油相場は堅調に推移していた。これに加え、外国為替市場でドルが対ユーロで下落し、ドル建てで取引される原油に割安感が生じたことも相場を支援していた。  しかしその後、米株相場が下落に転じたことから、株と並んでリスク資産とされる原油も売りを浴び、相場はマイナス圏に沈んだ。また、ロイター通信など一部メディアによると、フランスのルドリアン外相はこの日、米国によるイラン制裁を回避する形でイラン産原油を取引するため、ドル建てでない欧州支援型の取引システムを「数日中に」構築する見込みだと表明。これを受け、対イラン制裁に伴う供給逼迫(ひっぱく)観測が一部後退したことなども下押し材料となった。  ▽ガソリン=続落した。2月物の清算値は1.58セント安の1ガロン=138.57セントとなった。  ▽ヒーティングオイル=続落し、2月物の清算値は1.25セント安の1ガロン=188.86セント。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 66.3 -0.36
NYMEX金先物 4月限 1269.3 -1
NYMEXプラチナ先物 7月限 893.8 -0.7
NYMEXガソリン 4月限 2.1316 -0.0262
WTI ・・・ 66.19 +0
シカゴコーン ・・・ 351.25 +0.75
シカゴ大豆 ・・・ 862 +2.5
シカゴコーヒー ・・・ 91.5 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0