石油 | 2019年02月06日 23:52 JST

〔NY石油〕WTI、続落(6日午前)

 【ニューヨーク時事】6日午前のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、米国内の供給過剰懸念に加え、対ユーロでのドル高先行に伴う割高感を背景に売られ、続落している。米国産標準油種WTIの中心限月3月物は午前9時半現在、前日清算値比0.32ドル安の1バレル=53.34ドルで推移している。  米石油協会(API)が前日夕に公表した統計によると、1日までの1週間の国内原油在庫は前週比250万バレル増と、市場予想(ロイター通信調べ)の220万バレルを上回った。これを受けて、米国内の需給不均衡に警戒感が広がり、売りが優勢となっている。  また、外国為替市場では対ユーロでドル高が先行。ドル建てで取引される原油などの商品に割高感が生じていることも相場を下押ししている。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.16 -0.14
NYMEX金先物 2月限 1343.3 -9.8
NYMEXプラチナ先物 4月限 834.2 -5.8
NYMEXガソリン 2月限 1.5981 -0.0061
WTI ・・・ 56.85 +0
シカゴコーン ・・・ 370.75 +6
シカゴ大豆 ・・・ 902.5 +9.75
シカゴコーヒー ・・・ 96.75 -0.8
CRB商品指数 ポイント 0 +0