石油 | 2019年02月07日 07:22 JST

〔NY天然ガス市況〕横ばい=方向感欠く(6日)

 6日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の天然ガス先物相場は横ばい。気温が若干低下するとの気象予報と、過去最高水準の生産量という強弱材料の綱引きで、方向感を欠いた。  3月当ぎりの清算値は、前日と変わらずの100万BTU(英国熱量単位)当たり266.2セント。  C・H・ガーンジー(米オクラホマ州)のエコノミスト、ジェン・ジュー氏は「市場は相場を方向付ける新たな材料を待っている」と指摘。「冬の暖房シーズンが終了したとはまだ言えないため、一段安にはなりにくい。ただ、生産量が高水準にあることから、需給面から相場を押し上げる力は乏しい」と説明した。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.16 -0.27
NYMEX金先物 2月限 1343.3 -10.1
NYMEXプラチナ先物 4月限 834.2 -5.6
NYMEXガソリン 2月限 1.5981 -0.0047
WTI ・・・ 56.85 +0
シカゴコーン ・・・ 370.75 +6
シカゴ大豆 ・・・ 902.5 +9.5
シカゴコーヒー ・・・ 96.5 -1.05
CRB商品指数 ポイント 0 +0