石油 | 2019年02月07日 23:51 JST

〔NY石油〕WTI軟調、53ドル台半ば(7日午前)

 【ニューヨーク時事】7日午前のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、米国内の需給不均衡を示唆する統計を嫌気した売りが台頭し、軟調に推移している。米国産標準油種WTIの中心限月3月物は午前9時半現在、前日比0.42ドル安の1バレル=53.59ドル。  米エネルギー情報局(EIA)が前日に公表した最新週の在庫統計では、原油とガソリンの積み増し幅がそろって市場予想を下回った。加えて、ディスティレート(留出油)も予想よりも大きく減少。前日はこの内容を好感した買いが優勢となったものの、この日早朝にかけて小安い水準に沈み、朝方には一時53.11ドルの安値を付けた。  EIAによると、WTIの受け渡し拠点であるオクラホマ州クッシングの原油在庫は先週の時点で4260万バレルに拡大し、約1年ぶりの高水準を記録。これを受け、米国内では依然として供給が需要を上回る不均衡の状態が続いているとの見方が浮上し、相場を下押ししている。また、外国為替市場でドル高・ユーロ安が緩やかに進行していることも、ドル建てで取引される原油先物の割高感につながっているもよう。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.13 +0.25
NYMEX金先物 8月限 1504.6 +0.4
NYMEXプラチナ先物 9月限 850.6 -3.9
NYMEXガソリン 8月限 1.6811 +0.0084
WTI ・・・ 56.13 +0
シカゴコーン ・・・ 359.5 +0.75
シカゴ大豆 ・・・ 855.75 +3.75
シカゴコーヒー ・・・ 91.45 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0