石油 | 2019年02月08日 06:58 JST

〔NY天然ガス市況〕急落、2年半ぶり安値=投機筋の売り(7日)

 7日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の天然ガス先物相場は急落し、約2年半ぶりの安値を付けた。2月中に気温が上昇するとの見方や、米エネルギー情報局(EIA)が発表した1日までの1週間の在庫が市場予想を下回る取り崩しだったことを受け、投機筋の売りが再び活発化、荒い値動きが戻った。  3月当ぎりの清算値は、11.1セント(4.2%)安の100万BTU(英国熱量単位)当たり255.1セント。中心限月の継続足で2016年8月以来の安値水準となった。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.13 +0.18
NYMEX金先物 8月限 1504.6 +0.4
NYMEXプラチナ先物 9月限 850.6 -3.1
NYMEXガソリン 8月限 1.6811 +0.0046
WTI ・・・ 56.13 +0
シカゴコーン ・・・ 359.5 +1
シカゴ大豆 ・・・ 855.75 +2.25
シカゴコーヒー ・・・ 91.45 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0