石油 | 2019年02月08日 14:21 JST

〔週間見通し〕NY原油、横ばい圏の動きか=野村証券・大越氏

 大越龍文・野村証券経済調査部シニアエコノミスト=来週のニューヨーク原油(WTI)相場は、強弱材料のせめぎ合いになり、横ばい圏の動きを予想する。中心限月3月きりは50~55ドルのレンジを見込む。  来週は12日に石油輸出国機構(OPEC)、13日に国際エネルギー機関(IEA)がそれぞれ月報を発表する。1月からの主要産油国の減産が再確認・評価されれば強材料になり、レンジ上限の55ドルに向かう可能性がある。  一方、来週は米つなぎ予算の期限が切れるほか、米中貿易協議や英国の欧州連合(EU)離脱問題の不透明感がくすぶっている。混迷が深まるようだと、世界的な景気先行き不安から米株安を招き、同じリスク資産の原油相場は下限の50ドル近辺まで売られることも考えられる。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 55.59 +0.29
NYMEX金先物 2月限 1318.1 +2.8
NYMEXプラチナ先物 4月限 806.9 -1.4
NYMEXガソリン 2月限 1.5729 +0.0061
WTI ・・・ 55.53 +0
シカゴコーン ・・・ 374.75 +0
シカゴ大豆 ・・・ 907.5 +0
シカゴコーヒー ・・・ 97.6 -0.25
CRB商品指数 ポイント 0 +0